ジム・ロジャーズ氏のインタビュー記事まとめ:米利上げの影響・原油・金価格の行方?

<スポンサーリンク>

冒険投資家、ジム・ロジャーズ氏のインタビューです。2016年以降の原油価格・株価・金相場の予想を語っています。

金融危機がそろそろ起きるのではないかと、世界経済の行方に悲観的な見方です。

ブルームバーグテレビでのジム・ロジャーズ氏インタビュー:2015年12月18日

2015年12月18日:ブルームバーグテレビインドのジム・ロジャーズ氏インタビューです。米国利上げ後の市場について語っています。

米国利上げの影響

1回目の利上げは、大きな影響を市場にもたらさない。しかし、三度目の利上げからは心配しなければならない。3~4回、利上げが行われれば、株式市場は終る。FRBは3~4回の利上げを行うと話しているが、私は、役人を信じていない。

本当に行うかどうかはその時にならないと分からない。もしFRBが3度目の利上げを行ったなら、私は世界中の株を売る。

原油の底値

原油の底値は分からない。私は、底値をはっきりと当てられる程、優れたトレーダーでない。もし、エネルギー企業の倒産などが起きれば30ドル以下まで下がるかもしれない。

銀と金相場について

すでにヘッジ済み。なぜなら、金価格は1,000ドルを下回ると予想。銀価格は12ドル~10ドルくらい。銀価格はまだはっきりと予測できない。

しかし、金価格が1,000ドルを下回れば、ヘッジを外し金を買いに行きたいと考えている。

金融危機の爆発

「私が思うに、世界の金融危機がそろそろ爆発しそうだ。早ければ今年の秋にも爆発する可能性がある」

「私はもう米国にはなにも投資はしていない。すでに米国の株価は史上最高値を通り越してしまったのだから」

「私は日本株も投げ売った。金融危機の爆発が間近に迫っているということだ。みなさんも気をつけたほうがいい」

中国の経済誌『価値線』のインタビュー:週間現代

以前より中央銀行が作った人為的な流動性が弾けるとの予想を出しています。

ジム・ロジャーズ氏は、中国経済と商品相場の将来について的確な予想を過去に行いました。2016年以降の彼の予想は、米国および株式市場に悲観的。

中国経済については、やや楽観的で、もし、今後も成長を続けて、新たな経済圏を作ることに成功できれば、成長持続も可能と考えている様子。

ジム・ロジャーズのインタビューや記事関連サイト

ジム・ロジャーズ氏は、金価格が1,000ドルを下回ると予想しており、900ドル台になれば、金投資に動くことを検討している様子。将来的に注目している投資先は、農産物・ロシア株、暴落した後の中国株。一方、通貨ユーロの現状には期待していない模様。