新たな金融商品【金CFD=差金決済取引】

<スポンサーリンク>

現物以外の金投資といえば商品先物取引がその代表でしたが、金ETFやCFD(差金決済取引)の登場で選べる金融商品が増えました。

金の商品先物取引は、将来のある期日に金を受け渡す約束をして、その「買い」の価格、または「売り」の価格を現時点で決める取引です。

一年後の金価格が上昇すると予想すれば、安いうちに購入し期限までに価格が上昇すれば売値と買値の差額を利益として受け取れます。もちろん、逆に下がれば損失です。

また、金価格が上昇しそうなときには「買い注文=買い建玉」、下落しそうなときには「売り注文=売り建玉」を行うことで、金価格が上昇しなければ利益が出ない現物取引と違い、先物取引では金価格が下落しても利益を得られるチャンスがあります。


CFD取引とは

商品先物取引と似た仕組みの金融商品として登場したのがCFD(差金決済取引)。インターネットの発達で人気の出てきた商品で、レバレッジ取引が可能なため資金効率が良い24時間取引できるなどのメリットから世界的に広まっています。

CFD取引の魅力

金投資を行う上でのCFD取引きの魅力をご紹介します。

1.ほぼ24時間取引ができる

金市場は、ニューヨークやロンドンの取引量が多く値動きも夕方から深夜にかけて動きます。その時間帯にも取引ができます。

2.レバレッジをかけた差金決済取引

少額の資金で大きな取引ができるレバレッジ効果で資金効率の良さは魅力です。

3.インターネットでスピーディに取引

CFDは、インターネットを使った取引で、売買・情報収集・口座状況確認がカンタンにできます。

4.売りからスタート

商品先物取引と同様に売りからスタートできるため、金価格の値下がり局面でも利益が狙えます。金現物のヘッジとして利用する方もいます。

5.現物の金より低いコスト

現物の金投資より低いコストで取引ができます。

●IG証券の金CFD概要

金のCFD
出典:IG証券

金のCFDを提供するIG証券では、トロイオンス・ドルの取引だけでなく、業界で初めてCFDでのグラム・円建ての金取引を行うことができます。為替の影響を受けないドル建ての取引と分かりやすい日本円建ての取引と選べます。

 

CFD取引と商品先物取引の違い

最大の違いは、取引所取引と相対取引の点です。

CFDの特徴である相対取引は非取引所取引ともいわれます。

  • 証券取引所や商品先物取引所などの取引は、取引所が注文の執行を行います
  • CFDの場合は投資家の取引相手(取引会社)と一対一(相対)で取引を行います。

こう書くと難しそうですが、金の現物を田中貴金属などの地金商と売買するのも一対一の取引で「相対取引」の一つと考えればCFDの事を難しく考える必要はありません。

 

日本商品先物取引協会がまとめた商品CFDの2012年統計は以下の通りです。

・エネルギー:53%
・貴金属:40%
・農産物:7%

商品CFDの取引額割合は、原油・ガソリンなどエネルギー系の取引額が最も多い。