現物の金取引および金融商品をご紹介

<スポンサーリンク>

金投資はさまざまな方法で行えます。金地金や金貨など現物としての金を購入するのが一番わかりやすいのですが、それ以外にも、現物は手にせず、金価格に連動する金融商品(ETF、CFD、金の商品先物)に投資する方法もあります。

また、金の現物を購入するのも、数千円〜数万円単位で毎月こつこつ購入する純金積立とよばれる商品もあります。「金投資」に興味はあるけれど、少額から始めたい人におすすめです。

「現物を手元に置いておくと現物の金は、保管が大変だし、金価格に連動する商品を購入したい」というのならETFやCFD・商品先物取引を選ぶこともできます。

金投資方法を紹介

金投資は、大きく分けると現物への投資と金融商品への投資の二つがあります。金を買って上昇すれば利益・下がれば損失となりますので金投資を行う際にはしっかりと情報を得て行いましょう。「現在の金価格

現物の「金投資」

金地金:ゴールドバーとも呼ばれる現物としての金の基本で、田中貴金属や三菱マテリアルなどで購入できます。

5g~1kgと様々なサイズを買うことができます。ブランドの刻印や品位などが刻まれていて品質を保証しています。

金地金

金貨(コイン):世界各国で記念や流通用に金貨が発行されています。代表的な金貨にメイプルリーフ金貨(カナダ)やウィーン金貨(オーストリア)・イーグル金貨(米国)などがあります。

見た目も美しくデザイン性が高いのでコレクションとして集める人もいます。金貨の価格は、額面・デザイン・金の含有量などで変わりますので注意しましょう。

コイン

純金積立:毎月、一定額の金を継続して購入する金への投資方法です。月々数千円で始められますので人気が出ています。現物の金への投資ですが、通常は、純金積立の会社に金を預ける形になります。金が貯まると金のアクセサリーその他に交換することができます。もちろん売却もできます。

金融商品としての「金投資」

現物としての金よりも「金価格」に注目した金投資の方法が金融商品としての投資です。

金のETF:ETFは上場投資信託のことで、証券取引所に上場している投資信託です。金のETFは、金価格に連動した投信信託で、証券会社に口座を持てば自由に売買することができます。

金のCFD:CFDは差金決済取引のことで、まだ新しい投資方法です。金価格の値動きの結果として生じる差損益を決済する取引で、レバレッジをかけた取引ができます。

金の商品先物取引:取引所に上場している商品先物取引として「金」を売買します。商品先物会社が扱っており、金の現物「金地金」を商品先物取引で手に入れることもできます。レバレッジをかけた取引ができます。

金投資の方法を選ぶポイント

注意したいのは、4つのポイントです。

1.流動性・換金性:いつでも適正な価格で売買できて、お金に換えやすいことが第一のポイントです。金は流動性に優れた投資商品ですが、その中でも例えば金で作られた芸術作品などは換金しにくいものです。

2.取引コスト:取引きにかかる手数料や税金です。金融商品ごとに異なりますし、取引金額により大きな差がある投資方法もあります。

3.取引金額:いくらから取引可能なのか?取引き金額による取引コストの差は?など取引きできる金額も重要です。少額からできる金投資も参考にしてください。

4.保管方法:手に入れた金をどうやって保管するのか?金貨一枚位であれば大切に保管できますが何百万円~何千万円となると保管方法を考えないといけませんね。