2020年の東京五輪は都市鉱山から金メダルをつくる!みんなのメダルプロジェクト

<スポンサーリンク>

携帯電話・パソコンに含まれる金・銀・銅などの貴金属をリサイクルして、オリンピックのメダルにしようというプロジェクトが東京五輪に向けてはじまりました。

日本には、多くの電子製品があり、その中に貴金属・レアメタルが含まれています。それを都市にある鉱山として「都市鉱山」と称します。

これを回収してメダルを作るのは、環境保護・節約の点からも優れた取組。金価格が高値を維持している今、あなたの使わなくなった携帯電話・スマホが、金メダルになるかも。

都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト

<スポンサーリンク>




作るメダルは、オリンピック・パラリンピックあわせて約5000個。金銀銅の3つのメダルを作成します。

みんなのメダルプロジェクトで、実際に小型家電の回収が始まるのは2017年4月から。NTTドコモの店舗・自治体に設置予定の回収ボックスに入れることになります。

回収対象となる小型家電は、携帯電話・パソコン・デジタルカメラなどの予定。あなたの家にも古くなり使わないパソコンやデジカメなどが眠っていませんか?

スマートフォン

関係する省庁や団体は以下の通り。

  • 東京2020組織委員会
  • 株式会社NTTドコモ
  • 一般財団法人日本環境衛生センター
  • 東京都及び環境省
  • みんなのメダルプロジェクト:具体的な電化製品の回収場所は後日公表

みんなのメダルプロジェクト!

名前もいいですね。ドラゴンクエストで小さなメダルを集めてメダル王に持っていった事を思い出します。まどろみの剣とかもらって嬉しかったなあ。

体操の内村選手をはじめ陸上のアシュトン・イートン選手、ウィルチェアーラグビーの池崎 大輔選手などが当プロジェクトへのメッセージを寄せています。

今では便利にスマートフォンやパソコンを使っていますが、進歩する度に使えなくなって廃棄するだけではもったいないと思います。体操の技術も昔からの選手たちの取り組みがあって今につながっています。
今回の取り組みは、これまで利用してきた価値や思いをメダルに込めるわけですし、将来に大切なメッセージを伝えるプロジェクトになると思います。内村 航平(体操)

さあ、2020年の東京五輪では、リサイクルした貴金属だけでメダルを作れるでしょうか。史上初のリサイクルメダルは、あなたの行動にかかっています。

オリンピック

ロンドンオリンピックのメダル必要量実績

  • 金:9.6kg
  • 銀:1,210kg
  • 銅:700kg

メダルの原料はリサイクルで供給可能!

オリンピックのメダルに使う金、銀、銅だけ見ると、銅が381トン回収された2013年には、金は46kg、銀は446kgとれています。さらに、小型家電リサイクルが進んだ2014年には、金、銀、銅ともほぼその3倍の量が廃小型家電から回収されています。オリンピックの金メダルを都市鉱山から!

ジャパンフォーサステナビリティの試算では、都市鉱山からの回収で十分にリサイクルメダルを作れそうとのこと。

環境保護・貴重な貴金属を活用する意味でも良い取り組みですね。3兆円にも膨らんだ2020東京五輪の予算額に比べると微々たる金額ながら、小さいところから節約していきましょう。