金相場の長期推移を1980年以降のグラフで確認

金価格は、21世紀に入り上昇しています。金価格の長期的な推移を見てみましょう。

金価格(ドル建て)の推移:1981年以降

1981年以降の金価格の推移です。400ドル近辺で動いていた金は、近年、大きく上昇しています。

金を含む資源価格は21世紀に大きく高騰しました。

金(ゴールド)価格の推移 - 世界経済のネタ帳

金価格(ドル建て)の推移:2007年以降

2008年1月以降の金価格推移です。(価格は月の平均値)

金(ゴールド)価格の推移 - 世界経済のネタ帳

単位: USドル/トロイオンス

ただし、2011年の1700ドル台をピークに上昇傾向からレンジ相場に流れが変化し、2013年4月に金価格の暴落が起きました。

金価格(円建て)の推移:1981年以降

次に、円建てにした金価格です。為替相場が円高に動いたこともあり、日本円建ての金価格は下がり続けました。

金(ゴールド)価格の推移 - 世界経済のネタ帳

単位: 円/トロイオンス

金価格(円建て)の推移:2007年以降

2007年以降の金価格は上昇傾向です。

単位: 円/トロイオンス

日本国内の金価格は、為替相場の円安で価格上昇しますので、NY金が下がっても上昇していました。

しかし、さすがに米国金融緩和縮小の動きに抵抗しきれずに日本の金価格も下落しています。

金(ゴールド)価格の推移 - 世界経済のネタ帳

ドル/円相場のチャート

ドル/円相場の長期チャート(月足)です。1995年4月の79円台まで円高が進行しました。

ドル/円と金価格の月足

その後、2012年秋の総選挙から政権交代の流れのなかでドル/円は円安に大きく動きます。100円を挟んでやや円安が続く。