リアルタイムの金価格や予想・金投資のノウハウを紹介します。世界で人気の純金積立や投資信託の方法。さらに、今後の見通しを徹底的に解説いたします。

  1. ファンダメンタル及び中銀
  2. 101 view

FRBの利上げサイクルは、そろそろ天井か?サマーズ氏とFEDウオッチャーのニック氏が示唆して金利低下

今週、英国では、リズ・トラス首相が辞任を公表。ドル/エン相場は、151円を突破後、介入ぽい動きで大幅に下落など金融市場ガ、大きく動きました。

FEDウォッチャーのNick氏のWSJ記事をきっかけに、市場のトレンドは、変わっていく可能性があると考えておきましょう。

これまでは、2022年11月、12月ともに75bpの利上げが有力。インフレが止まらない・リセッションが来るという悲観論が中心でした。

しかし、WSJのニック氏がWSJの記事で、12月の会合で、0.75⇒0.5%に利上げペースを減速させる可能性が指摘されました。そうなると、金利低下・ドル安・株高へと市場の流れが変わっていくかもしれません。

もちろん、一直線に変わるのではなく、一進一退になるでしょうけどね。

グローバルマクロ・リサーチ・インスティテュートでは、ラリー・サマーズ氏のインタビューを紹介し、政策金利が5%を超えるあたりがピークではないかと予想しています。現在の政策金利が3%なので、11・12月で0.7%の利上げを行えば、1.5%上昇で4.5%ということになります。そして、12月あたりから利上げペースの鈍化が検討されるということになりますね。

政策金利先物によれば、市場は政策金利が最終的には5%を超える水準になることを予想している。より正確に言えば、金利先物市場は2023年の終わりに政策金利が5.25%まで上がることを織り込んでいる。サマーズ氏はこう続ける。5%を超えたことは大台に乗ったと言える。そこまで上がる可能性は、そこまで上がらない可能性より高いだろう。だが18ヶ月で4%金利が上がれば、それで既に現在のサイクルにおける利上げのほとんどが終わったと見て良いだろう。

金価格も202年4月以来の安値。大底をつけたとは言えないものの、今後、利上げペースが鈍化していけば、反転していく可能性も考えておきたいところ。ましてやリセッションや緩和に舵を切ることがあれば、金投資のチャンスです。


もと財務長官のラリー・サマーズ氏やファンドマネージャーのガンドラック氏がが、利上げサイクルの終わりについて言及し始めるなど流れは変化。

世界のインフレ率。まだまだインフレ率は高い。最適と言われる2%超えは著しく、現状は、あくまでも高止まりしたというレベル。


金価格に大きな影響を与える実質インフレ率は、1.70%と高いまま。これが下がっていかないと金価格の上昇には進みにくい。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP