安くなった金を買うために田中貴金属などの地金商に顧客殺到!

4月18日のNY金は、一週間で価格が1500ドル台から1300ドル台に急落したために、金の現物への需要が強く上昇しました。

NY金6月限:1,392.50 +9.80
NY銀5月限:2,324.50 -6.20
NY白金7月限:1,429.00 -6.40
NYパラジウム6月限:669.80 -6.40

SPDR信託金残高:1132.99
SPDR(金ETFのサイト)

金ETFは、金価格に連動した上場投資信託。

4月19日の東京金午前の相場も高い。東京金2月限は、81円高の4436円

●日経新聞によると銀座の地金販売店には、3日間で通常の3倍以上の千人の顧客が訪れて金貨や地金を購入。

●ウォーレン・バフェット氏:金投資への警告を2012年2月に行っていた。ブルームバーグ

●暴落局面にある金相場は、金需要家の買いが多く、ファンド筋の買いは少ない。

●為替相場は、G20待ちの展開が続く

NY金のリアルタイムチャート

1週間で金価格は暴落しましたが、下げたところに個人投資家の買いが入っている模様。

狙いとしては短期売買で差益を狙うのではなく将来のリスクに備えて現物の金を保有しておきたいという気持ちが強いとみられる。

2013年4月19日