リアルタイムの金価格や予想・金投資のノウハウを紹介します。世界で人気の純金積立や投資信託の方法。さらに、今後の見通しを徹底的に解説いたします。

  1. ファンダメンタル及び中銀
  2. 102 view

1兆9000億ドルのバイデンバズーカの発射準備が完了し、財政拡大と不安の両面宿儺。

金価格にとって、上下どちらにも取れる材料となるバイデン政権による新型コロナウイルスへの経済対策が2021年3月10日、米下院で可決されました。

これにより、1兆9000億ドル(約200兆円)規模の経済対策が実行されることになります。

バイデン大統領による署名は、3月12日の見込み。

1.9兆ドルのバイデンバズーカがついに発動

これが実行されれば、現金給付されることから、株価の上昇は期待されています。そして、景気回復につながるため、金価格は、微妙なところ。

金価格とバイデンバズーカの関係

  • 景気回復や金利上昇は、下落要因
  • 財政拡大や悪い金利上昇は、上昇要因

少し落ち着いた長期金利ですが、1.5%程度で落ち着くとは考えにくいとの意見も。金投資の専門家。豊島逸夫氏は、1.7~1.8%程度が目標と語ります。

ヘッジファンドなど投機筋の米国債空売り意欲は依然根強い。特に数週間以内に対コロナ個人給付金一人1400ドルの小切手がいよいよ国民に行き渡る。消費の高まりは必至だ。更にバイデン政権第二次財政出動もこれから議論される。インフラ・クリーンエネルギー関連の「大型景気刺激策」は、1.9兆ドル規模の「コロナ救済策」とは別枠で実行される見込みだ。今のNY市場で長期金利が1.5%程度に落ち着くと考える市場参加者は極めて少ないと言える。まずは次の目途として1.7%から1.8%の数字が挙げられる。NY金、30ドル急反騰

FRBのインフレ目標2.0%からも、この辺りは、許容範囲かもしれません。もちろん、インフレ率と金利は、イコールではありませんけどね。

しかし、10年債利回りが、2%を超える場合、政府は、利払いにかかる費用も増えるため、それに耐えられないと考えられています。その場合、FRBが、金利を押さえつけることになるでしょう。

Murenbeeld&Coの調査責任者であるChantelle Schieven氏は、実質金利がこれ以上上昇しないことが明らかになったため、金が新たな投資家の関心を引き付けることを期待していると述べた。スキーヴェン氏は、現在1.9兆ドルも跳ね上がる債務水準が高まっているため、政府は10年債の利回りを2%をはるかに超える水準に引き上げる余裕はないと述べた。金価格の動向

バイデン政権とパウエルFRB議長は、株価維持と債務拡大を両立させるために、インフレを選択する可能性が高いと思います。そして、金価格のファンダメンタルズは、ジレンマの中で、中長期的には強くなると思います。

株価には、材料出尽くしの可能性あり。一方、コモディティや物価においては、これからマネーが流れ込むのでは、ないでしょうか。

一方で株式市場には格好の下落材料がある。バイデン政権の1.9兆ドルのインフラ投資が議会を通ってしまったことである。株式市場にとってプラスになる景気刺激が議会を通って何が悪いのかと思うかもしれないが、金融市場にとって材料出尽くしは株価下落の原因となる。「噂で買って事実で売る」である。株式市場は1.9兆ドルのインフラ投資を消化してしまったので、当分大きな上げ材料がない。米国株はこれまで金利低下と財政出動を頼りに上がってきた。少なくとも言えるのは、1.9兆ドルは株式市場にとっては既に過去のものだが、物価にとってはこれから注ぎ込まれる資金だということである。グローバルマクロ

高すぎて買えない銅相場。株式・金価格含め乱高下が心配な相場です。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP