リアルタイムの金価格や予想・金投資のノウハウを紹介します。世界で人気の純金積立や投資信託の方法。さらに、今後の見通しを徹底的に解説いたします。

  1. ファンダメンタル及び中銀
  2. 60 view

暗号資産・ビットコインは、米ドルではなくゴールドの代替品であるとパウエルFRB議長が語る!

FRBのパウエル議長は、2021年3月23日に行われた国際決済銀行(BIS)の講演会で、暗号資産(ビットコイン)の価格変動が激しすぎ、通貨として使いにくいと発言。本質的に、米ドルの代替ではなく、金(ゴールド)の代わりとなる資産だとのこと。

金が投機的資産かどうかは、置いておくにしても、ビットコインの価格変動の激しさから、価値貯蔵しにくいのは、現在のところ正しい意見です。数ヶ月で、二倍にも三倍にも上昇する。逆に言えば、下落する資産を通貨にすれば、あぶなっかしくて仕方ありません。

暗号資産は、ゴールドの代替と語るパウエルFRB議長

また、ここでは、中央銀行が、グローバルな中央銀行デジタル通貨(CBDC)の開発を急がないことがメインテーマであり、米ドルなどに変わる新通貨の早急な登場を否定しています。

彼は、米国の中央銀行が現在CBDCのアイデアを調査し、実験していると付け加えました。しかし、彼はまた、デジタル通貨に対する公的または政府の十分な支援があるかどうかわからないと述べた。パウエルはまた、連邦準備制度が中央銀行のデジタル通貨を開発する際に対処する必要のあるいくつかのリスクについて説明しました。これには、サイバーセキュリティや金融の安定性が含まれます。「中央銀行と民間銀行、民間銀行と国民の間の二層システムを不安定化させたくない」と彼は述べた。暗号資産は、米ドルではなく金の代わり

やはり、FRB議長としては、リスクが気になるようです。デジタル通貨の導入にあたり、解決しなければ行けないことはまだまだたくさん。

  • サイバーアタックによる改ざんや盗難
  • マネーロンダリング
  • 金融安定性
  • マイニングにともなる電力量増加

いずれ、デジタルな通貨が流通の過半を担うことになるのは確かだと思います。その時、政府や公的機関は、すべてのお金の流れを管理できるようになります。

それに対抗する手段として、ゴールドや暗号資産が生き残るのではないでしょうか。パウエルFRB議長は、そういった意味を込めて、暗号資産は、金の代替だと話しているのでしょう。

一方、CoinPaymentsのCEOであるジェイソンブッチャー氏は、パウエル議長の意見を時代遅れだと一蹴。

世界最大の暗号支払いプロセッサCoinPaymentsからの最近の内部レポートによると、2019年の第1四半期から2020年の第4四半期にかけて、北米の暗号通貨市場では、より多くの企業や商人がデジタル通貨を採用するにつれて、トランザクションが300%増加しました。「暗号通貨に関するパウエルのコメントは時代遅れです」と、世界最大の暗号支払いプロセッサであるCoinPaymentsのCEOであるジェイソンブッチャーはKitcoNewsへの声明の中で述べています。「何百万人もの人々が必需品を購入するための支払い方法としてデジタル通貨を使用しており、これは成長するだけです。規制は世界的に変化しており、支払い、投資、価値の交換の方法として暗号をサポートしています。」

それぞれの立場の違いを反映していますね!

金価格及び暗号資産の高騰は、既存通貨の価値が下がっていることを示しています。テスラをはじめ、ビットコインを購入する企業も出てきており、今後の動きが楽しみです。

そして、マイニングに使用する電力量も、暗号資産のデメリットに登場するようになりました。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP