リアルタイムの金価格や予想・金投資のノウハウを紹介します。世界で人気の純金積立や投資信託の方法。さらに、今後の見通しを徹底的に解説いたします。

  1. 政治・軍事ニュース
  2. 66 view

2022年1月に、ロシアがウクライナ侵攻を行う可能性:NATO加盟がレッドラインに!

ウクライナ国境にロシア軍が集結しており、2022年1月に、ロシアが侵攻する可能性が高まっています。エネルギー価格が高騰し、ロシアの天然ガスに頼るところの多い欧州諸国は難しい決断と交渉を迫られることになりますね。

ロシアのウクライナ侵攻について

実際に侵攻が行われ、紛争が長期化。エネルギー資源にダメージを受ければ、インフレがヒートアップする可能性があります。金価格の上昇要因にもなりそうなところです。有事の金と米ドルが発動されるかどうか。

また、ベラルーシのルカシェンコ政権は、ポーランド国境で移民危機を引き起こしています。ベラルーシ、ウクライナとロシア周辺国での外交・軍事関係は、ゴールド業界にも大きな影響を与えるでしょう。

ブリンケン米国務長官は、ロシアに厳しい警告。

ロシアは、ウクライナのNATO加盟をレッドライン化

しかし、ロシア側は、ウクライナがNATOに加盟することは、越えてはならない一線としており、ここをウクライナ及びNATO側が断念するかどうかが重要なライン。

ウクライナの北大西洋条約機構(NATO)加盟は「越えてはならない一線だ」とし、その可能性が取りざたされていることに不快感を示した。ラジオ番組で述べた。

ウクライナのゼレンスキー大統領は14日、ウクライナの北大西洋条約機構(NATO)加盟への前段階である加盟行動計画(MAP)を巡り、バイデン米大統領からの明確な答えを望んでいると述べていた。一方バイデン大統領は、ウクライナが加盟するためには、汚職を根絶するほか、基準を満たす必要があるとした。ペスコフ報道官は、ウクライナのNATO加盟は「われわれにとってレッドラインだ」とし、ロシア政府は状況を注意深く見守っていると述べた。ウクライナのNATO加盟

ウクライナ独立時は、中立を守るというポリシー

ウクライナが独立したときは、中立を守るというポリシーでした。これを守るならNATO加盟はできませんね。

ウクライナ独立時の主権宣言:ウクライナは主権宣言(1990年7月16日最高会議採択)で「将来において軍事ブロックに属さない中立国となり,核兵器を使用せず,生産せず,保有しないという非核三原則を堅持する国家」となることを明らかにすると共にその軍事ドクトリン(1993年10月19日発効,2004年6月改訂)において,ウクライナ軍の主たる任務を国家防衛と規定している。ウクライナ概観 (2011年10月現在)

 

NATOは、ウクライナを守るのか?




ロシアがウクライナに侵攻しても、NATOは動かない??ウクライナ側は、NATOと協力して、ロシアに対抗する姿勢を打ち出していますが、ホントに大丈夫?

欧州の軍事外交戦略・戦術は、どうも危うい。

ロシアとしては、ウクライナがNATOに加盟すれば、国の安全が脅かされる。金投資で大事な地政学リスクが高まる状態。これは、絶対に許容できない。それに対して、ウクライナとNATOに、どれほどの覚悟があるのか。




2014年のウクライナ情勢時の金価格

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP