リアルタイムの金価格や予想・金投資のノウハウを紹介します。世界で人気の純金積立や投資信託の方法。さらに、今後の見通しを徹底的に解説いたします。

  1. 政治・軍事ニュース
  2. 579 view

戦争が起きると金価格はどうなるの?戦争前が最もハイリスクゆえに、開戦で下落しやすい

ウクライナ情勢の悪化から、金価格が上昇する動きが続いています。ただし、戦争=有事の金で買いという動きがいつも通用するわけではありません。

金の専門家である豊島逸夫氏が言う通り、有事の金は、実際に事が起きるまで。日本の戦国時代のように戦乱の時代であっても、実際に両軍が激突する戦時代は、短いもの。関ヶ原の戦いも桶狭間の戦いも戦闘自体は短いものでした。ならば、戦争前こそが、リスクの最も高い状態だというのは理解できますよね。

戦争前は、ハイリスクゆえに金は買われる

今回のウクライナ問題も、戦争が起きる前は、結果がどうなるか誰にもわかりません。最悪のシナリオは、ウクライナを守るために、NATOとロシアが衝突すること。そして、NATO側に米国。ロシア側に中国がついて、全面戦争を繰り広げること。こうなれば、戦争当時国や敗北側の通貨の価値は下落しますから、リスク回避のために、金価格が上昇していきます。

●NY金価格チャート:CFD 2022年2月22日

ウクライナ情勢の悪化で金価格は上昇

2022年1月が、ウクライナ侵攻のレッドラインかと思われていました。何とか、決定的な衝突は回避しています。その分、有事が長引き、NY金価格は上昇。東京金価格は、久しぶりの高値に沸きました。

しかし、実際には、ここまで最悪のことが起きる確率は低い。それは、もし、戦争が起きればはっきりします。それゆえに、有事の金で「開戦」となれば、ゴールドは、下落しやすいのです。

プロ目線では、有事の金は「売り」なのだ。

例えば、イラク戦争勃発後、金価格は急落した。イラク開戦の「噂」で金を買い増していた金投機筋が、一斉に利益確定の売りを入れたのだ。あおられ踊らされた個人投資家は、はしごを外され、高値づかみする羽目になった。「噂で買ってニュースで売れ」豊島逸夫氏の意見

イラク戦争時も、イラクが善戦することや石油の供給がストップするなどというシナリオが浮上して、金価格は上昇。しかし、開戦と同時に利食いが殺到して、金価格は下落。

金投資は、有事ではなく平時こそが買い時

スポンサーリンク

そのため、予兆で金を買い、実際に報道があれば、売るという方針が良い。ここは、藤巻健史御大の言う「頭としっぽはくれてやれ」でいいと思います。

豊島逸夫氏の意見と同じことをおたからやも主張しているように、これは、金投資全体のセオリーです。

大きな利益を得るためには、何か大きな出来事が起きる予兆で金の購入を積極的に行い、逆にニュースが報道されたら売りはじめる投資方針が良いでしょう。

湾岸戦争のようなある程度予測できる出来事に関しては、事前に金の買い集めに動いておくと相場が動き出した時に莫大な利益を得られます。いつでも対応が出来るように、日頃から世界中に影響を与えそうなニュースに関しては注目しておきましょう。おたからや

戦争が起きると売られ、そこが株の押し目買いになるケースもあります。ゴールドは売り、株は買いがセオリーとなることも。

今回のウクライナ紛争は、かなり長くなる可能性があり、緊張状態が長引くリスクには注意したいと思います。

国際紛争は世界経済に多大な影響を及ぼさない地域紛争との位置づけとなり、金価格の反応(上昇)は短期的かつ限定的なものにとどまってきた。亀井幸一郎氏

プーチン大統領の狙いは、中国の香港統一やかつてのプラハの春型の強い軍事活動を伴わない占拠ではないでしょうか。できるだけ、直接戦争を避けて、軍事力の圧力や外交で欧米をなだめながら、既成事実を一つずつ積み上げていく。レッドラインをじりじりと押し下げていき、決定的な衝突には至らないというのは、上手い戦略だと思います。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP