リアルタイムの金価格や予想・金投資のノウハウを紹介します。世界で人気の純金積立や投資信託の方法。さらに、今後の見通しを徹底的に解説いたします。

  1. 金価格・相場の予想
  2. 470 view

バンク・オブ・アメリカが、史上最高3,000ドル超えの金価格を予想

kitocoのJim Wyckoff氏によるバンク・オブ・アメリカによる金価格予想をお届けします。なんと、3,000ドルを目標値とする強気予想。

バンク・オブ・アメリカの商品アナリストは、金価格が史上最高値を超えるとの強気予想を出しています。2020年4月21日の見通しレポートによると、金価格は、18ヶ月以内に3,000ドルに達する可能性いありと予想。そして、2021年の平均価格は、1オンスあたり2,063ドルになると見ている。

バンク・オブ・アメリカが、3,000ドルの金価格を予想

経済生産の急激な縮小と財政支出の急増で、中央銀行のバランスシートが2倍になれば、通貨は圧力を受け、投資家は金を狙うだろうと、バンク・オブ・アメリカによる予想。

「The Fed can’t print gold」というレポート。マイケル・ウィドマー氏及びフランシスコ・ブランシュ氏などのアナリストが、指摘。この予想だと、2011年9月の1,921.17ドルの記録を抜くことになりますね。

  • 2021年:1,695ドル
  • 2021年:2,063ドル

米ドル高とアジアの現物金投資の低迷は弱気材料。

FRBのバランスシートが、GDPに占める割合は、今年、20%から40%へと上昇する可能性がある。先週のニュースでは、過去最高の6兆4,200億ドルを記録し、3月第一週のレベルから50%上昇。中央銀行が、インフレを目標値以上(インフレ・ターゲット2%)に、押上ようとしているため、米国及びG10諸国のほとんどの金利は、非常に長い間、ゼロかそれ以下の状態が続く。

●強気材料

  • 米国第2四半期のGDPは30%減少
  • 中央銀行が、バランスシート拡大と景気下支えを急ぐ
  • 弱い経済成長
  • 株式市場が底打ちをしていない可能性
  • ロックダウン延長の可能性

●弱気材料

  • 金の現物需要の低迷
  • 中央銀行による金購入の減速

1600や1700ドルの節目を抜くたびに、金の現物売りが増えています。今後も、同じ展開が続くでしょう。また、中央銀行の金投資需要が減っているのは、前にもお伝えした通り。

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP