ドイツの景気減速(製造業PMI悪化)で、金利低下し逆イールドによるリスクオフ

<スポンサーリンク>

米国は、FOMC後に、長期金利が低下。各国の製造業PMIが低下したこともあり、長短金利逆転の逆イールド化。世界的に長期金利低下となり、金価格はじり高。為替相場は、米ドル全面高とそれ以上の日本円高に動きました。

ドイツ製造業PMIの悪化から株売り債券買いで逆イールド化

欧州及びドイツ経済は、中国経済への依存が高いことから、中国経済減速の影響をまともに受けた感じ。少なくともドイツの好景気は終わったとの見方が主流です。

ドイツ製造業PMIは、3月速報値:44.7。2017年12月の63.3をピークに下落が続きます。ユーロ圏製造業PMIも47.6へと低下し、ドイツ製造業の減速が、欧州全体に陰を落とすリスクオフの展開が強まりつつあるのが、ドイツ発の景気減速懸念。

欧米の製造業景気指数悪化から世界景気減速懸念が生じ、株売債券買。債券買いにより利回り低下で逆イールドが発生。さらに、危機感が増すという流れ。

それによって、世界的に長期金利が低下。米国の利上げ停止も相まって、逆イールド化が進行。

各国の10年債金利:2019年3月23日

  • 日本:-0.08%
  • 米国:2.44%
  • ドイツ:-0.02%
  • イギリス:1.01%
  • スイス:-0.48%

逆イールドに対する市場の反応

逆イールドに関する状況をツイッターから拾ってみました。

逆イールドの説明

逆イールドが起きたからといって、すぐに、リセッション入りではない。

逆イールド直後は、株式市場が上昇し、9~18ヶ月後(6~2年後)にリセッションが到来するというのが過去のパターン。すなわち、これから、しばらくは、政府や中央銀行の景気下支えなどもあって、株価の最終上昇期になるという予想が根強い。

NY金相場は、再び、上値を伺う

NY金相場は、これらのニュースに反応し、やや上昇。為替相場は、ユーロ圏の製造業PMI悪化などから、ドル高ユーロ安。金利低下やリスクオフ懸念から円高。NY金価格は、1310ドルを超える展開に。

◆NY金スポット 日足チャート GMOクリック証券のCFD 2019年3月24日

NY金価格の日足

NY金価格は、2月18日の高値をうかがう展開に。跳ね返されるか上抜けるか注目のポイント。

そろそろ、金融市場の天井は近いのではと予想していましたが、金価格および市場から目を離せなくなってきました。

関連コンテンツ

<スポンサーリンク>
 

金投資&先物人気ランキング