<スポンサーリンク>

「金価格・相場の予想」の記事一覧

最新の金価格・相場の予想や見通し情報。ゴールドマン・サックスなど投資銀行や豊島逸夫氏など専門家の意見をご紹介します。
2018年から2020年の長期的な金価格予想は、株式市場の下落と米長期金利の3%超えが鍵。米国の利上げにより金利を得られる資産にシフトして金価格は下落方向へと推移。一方、シリアを巡る混乱・米国とロシアの対立などで世界情勢が不安定化し地政学リスクが大きく上昇。そして、2020年頃に危うくなる米国の債務増大による米ドルの大幅下落への警戒予想が根底にあるような気がいたします。FRBの金融政策にかかわらず、金価格は高値安定のまま。

商品市場の中でもGoldは特殊。単なる一コモディティではなく、通貨の側面を持っていることを意識して、今後の金価格予想・見通しを立てましょう。

明日及び週間の金相場予想はこちらで書いています。私自身および専門家の予想を紹介いたします。

世界金融市場の天井は近い。2018~19年になるリスクを恐れよう

2018年の秋を迎えている今、世界の金融市場で、天井を付ける可能性が出ています。

いよいよ、長らく続いた平成の終りに、大天井は到来するのでしょうか。リスク資産のヘッジとして利用される金価格は、金利上昇局面にも落ちてきません。これは、何を意味するのでしょうか?


トルコリラ危機で、ついにNY金は1200ドルを割り込んで下落

トルコリラとエルドアン大統領が、危機に陥っている。そのため、トルコをはじめとした新興国から流出したマネーは、米国のドルへと流れ込み、金価格は下落トレンドを継続中。1200ドルを割り込んで、1175ドル前後で推移。

金相場は、米ドル高に押されて弱気モード。


FRBの独立性は、トランプ大統領に屈するのか?ドル高金安路線はどうなる。

イエレン前FRB議長は有能でしたが、トランプ政権の圧力を嫌っていました。ジェローム・パウエル議長は、トランプ大統領からの圧力に屈して、FRBの独立性を損なうことになるのでしょうか?

パウエル議長は、7月17日の議会証言で、段階的な利上げ継続を示唆。これによって、NY金価格は、大きく下落し、1年ぶりの安値圏。ところが、20日にFRBの利上げを批判したトランプ大統領の発言で、米ドル安金価格上昇に動く結果に。

また、貿易戦争への懸念も強まっており、バンクオブアメリカメリルリンチは、今週、貿易戦争に対する懸念で、債券に50億ドルを投資し、金投資から12億ドルを引き上げたとのニュース。


米国債長短金利のフラット化が、金価格に与える影響

米国債金利のフラット化が金融危機への警告になりやすいのは、以前から良く知られた話。現在、10年債金利は2.82%と2年債の2.54%に対して0.3%も開いていない。米国の物価が上昇していけば、FRBが利上げを行い、さらに縮小する可能性があります。そうなると、金融市場がクラッシュし、金価格にも大きな影響を与えるでしょう。


米中両国の関税交渉期限が、2018年7月6日に迫り、為替も絡む金価格の乱高下に注意しましょう。

米国と中国の貿易戦争=関税合戦は、いよいよ米中両国の交渉期限が2018年7月6日に迫りました。一応、この日に両国の関税賦課が行われる予定で、米中交渉の期限となります。

交渉決裂による関税引き上げ、交渉成立、延期と様々なシナリオが予想できますね。原油価格は、上昇しているものの、金融市場は穏やかで、決定的な対立には至らないと考えているように感じます。金価格も6月最終週は、1270ドルから1251ドルに下落しており、制裁が発動された場合の反動に気を付けなければいけません。


エジプトの富豪【ナギーブ・サウィリス】氏は、保有資産(約6250億円)の半分を金投資に変更!

エジプトの大富豪、ナギブ・サウィリス氏は、世界に危機が満ちており、金価格は、現在(2018年5月)の1300ドルから1800ドルに上昇すると予想。

2018年4月30日のインタビューによると、株式市場急落の可能性を過大評価していたとしつつも、資産57億ドル(約6250億円相当)の半分を金(ゴールド)にしたと答えました。


景気サイクルの終了で国際的に商品市場がビッグラリー入りの可能性あり!

世界的な需要不足の元で、弱さの目立っていた国際的な商品市場。その商品市場が上昇しており、長期の上昇トレンド=ビッグラリー入りの可能性を指摘する専門家が増加。原油や金属市場は上昇しており、金価格も高値安定。

ロイターのCRB指数は、2015年以来の高値を付けています。

CNBCでは、フィデッサのコモディティ専門家のマイク・ウィルキンズ氏が、長期的な成長の可能性を指摘。CFRAのLindsey Bell氏は、金価格の上昇を予想。